FC2ブログ

異文化と異次元の旅人

個別エントリー

2003年04月17日 (木)

チャイ

コメント↓

以前このコラムで、カフェが大好きだと書いた。ところが、実はコーヒーはあまりたくさん飲めない。よく食う割には胃がデリケートらしく、朝起きてすぐコーヒーを飲もうものなら、キリキリと痛んで七転八倒する。コーヒーを飲むのは午後。それも一日一杯だけ。

ということで、朝はコーヒーではなく紅茶を飲む。こちらのほうがカフェインが多いはずなのだが、胃は何ともない。多分原因は酸なのだろう、りんごを食べても同じようになる。

この朝の紅茶。必ずミルクティーだ。好きな茶葉はもちろんアッサム、そしてセイロン。このブレンドがなんともおいしい。

ダージリンはミルクティーに向かない。だから私の趣味ではない。アメリカの大学にいる時、インド人のオフィスメートからお土産だといって山ほどもらったが、あまりおいしいとは思わなかった。

濃い目にいれたアッサム・セイロンのブレンドにミルクをたっぷり入れ、そこに蜂蜜をスプーン一杯、というのがお気に入りの飲み方。

時間があるときはインド風のチャイにする。鍋でしばらく煮込んでから、少し多めのミルクを注ぎ、またゆっくりと煮込む。シナモンを加え、沸騰直前で下ろして濾す。砂糖ではなくやはり蜂蜜をたっぷり入れるのが私の好み。

以前多くのインド人エンジニア達と仕事をしている時は、しょっちゅうチャイを飲んでいた。特に、出張で一週間滞在したインドのシリコンバレー、バンガロール。そこで飲んだチャイのコクと甘さが忘れられない。

食後に欠かせないのが、飛び切りスパイシーなマサラチャイ。絶品である。さすが香辛料の国インドだ。

何をもってチャイというのか?ミルクを入れて煮立てないとダメなのか、とインド人に聞いたことがある。彼曰く、何でもチャイなのだ。ミルクが入っていれば。だから、いわゆるミルクティーもチャイと呼んでいいらしい。ただ、一般的には、鍋で煮込んでスパイスと甘味を加えたものがチャイと理解されているようだが。

まだ寝ぼけ眼の朝は、グラス一杯の水から始まる。そして、この甘い一杯のチャイをゆっくりと味わう。ガス欠状態の脳に一気に糖分が供給され、瞬く間にエンジンがかかる。

一杯のチャイから生まれる小さな幸せ。さあ、今日も暴れるぞ。

(風太郎ワールド 2003/04/17 より転載)

スポンサーサイト



ページトップ↑

22:00:00   食べ物  | コメント(3)  | トラックバック(0)

 ←ゆっくりと静かに壊れていく ユウトウセイビョウ→ 

コメント

紅茶といえば

こんばんは。先日から紅茶に興味がわいてきました。それで思い出したのですが、エジプト料理のお店で食後にチャイがついていたので、甘いミルクティーを想像して楽しみにしていたら、何と、甘みのないミントティーみたいなのが出てきてショックでした。がんばって飲みほしたら、おかわりが注がれました。。(T0T)これもチャイ?時間がなくてお店の人に聞けなかったんですけど、すんごいカルチャーショックでした。v-273

Natsuro  [URL] #-  | 2007年08月25日 00:04:29  [修正]

日本人向け?

エジプトのお茶事情はよく知らないのですが、ネット上の情報によると、紅茶やミントティーを飲むとか。紅茶にはミルクを入れることも入れないこともあるということですが、砂糖は必ずたっぷり入れるらしいので、期待して行かれたNatsuroさんにとって、甘くないミントティーはかなりショックだったでしょう。お店が砂糖を入れ忘れたか、日本風にアレンジして出しているのかも知れませんね。

Taro Who?  [URL] #DFBJiU5Y  | 2007年08月30日 11:42:16  [修正]

挽回

わざわざ調べていただいてどうもありがとうございます。そういうことでしたら、砂糖は好みで入れるんだったのかも知れませんね。でもテーブルには何も用意されていなかったような気がしますが。。今となってはわかりません。
今日は横浜の中華街で鴛鴦(インヤン)茶という紅茶とコーヒーをブレンドした不思議なお茶を飲みました。ミルクと砂糖の入った冷たくて甘い飲み物でした。そんなのおいしいはずがなさそうなのに、これがお・い・しーいっ!!何とも魅惑的な味でした。

Natsuro  [URL] #-  | 2007年08月31日 22:44:21  [修正]


管理者しか読めないようにします    

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL
http://tarowho.blog95.fc2.com/tb.php/26-4ac861b8

プロフィール

Taro Who?/フウタロウ

管理人 : Taro Who?/フウタロウ
理系研究者からビジネス現場の通訳・翻訳・マーケティングサポートを経て、現在はもっぱら大学・大学院で理系英語・翻訳・プレゼン・ライティング等を教える。また、理系英語教育プログラム、脳科学的アプローチに基づく英語学習、通訳訓練法、通訳・翻訳理論を研究する。しばしば仕事はそっちのけで、旺盛な好奇心のおもむくまま、あらゆるジャンルに首をつっこみ雑文を書く。砂漠とロッキー山脈が大好きだが、最近はとんとご無沙汰。もっぱら仙人生活を送っている。でも、パーティーとおしゃべりは嫌いじゃない。日本生まれ、日本在住。20代から15年間アメリカで過ごす。

リンク

記事一覧へ

ジャンル




全記事表示
管理者ページ

現在の閲覧者数

累積アクセス数

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる