FC2ブログ

異文化と異次元の旅人

個別エントリー

2007年08月14日 (火)

ゴーヤーチャンプルー

コメント↓

また苦瓜を食べた。

現在、世間的には夏休みだが、しがない研究者は相変わらず忙しい。学期中は授業に追われるので、研究に打ち込めるのはこの季節しかない。論文の締め切りももうすぐだし、学会発表の準備もしなければならない。まだ、期末試験の採点や成績提出も終わっていない。布団も干して、掃除もしなくてはならない。気晴らしにジムに行こうとすると、お盆休みで一週間休館。外は暑すぎてウォーキングをする気にもならない。毎日35℃近い熱波に覆われ、クーラーを効かせた部屋でへたり込んでいる。完全に夏バテ気味だ。

私は野菜中心の食生活を送っているが、夕食の買物に行っても、どの緑黄色野菜を食べようか迷ってしまう。あっさりと済ませたいが、生野菜は朝食べるので、晩までサラダは食べたくはない。一昨日は鹿児島産のオクラを食べた。昨日は宮崎のピーマンを食べた。ほうれん草とかチンゲン菜は、大きな鍋にお湯を沸かすのが暑苦しい。炒め物は、3日前にズッキーニとエリンギを食べた。そもそも、この季節は青物野菜がやたら高い。

ボーっと野菜売り場を歩いている時、苦瓜が目に留まった。先日もカレーに使ったが、何と言っても、夏野菜の王様、栄養の塊だ。やはりここは、苦瓜でパワーをつけるしかない。すぐ横を見ると、パウチ入りの「ゴーヤーチャンプルーの素」が売られている。よし、これだ。100円也。裏の説明書を読んで、さらに、木綿の豆腐一丁、豚バラ肉の薄切り140グラムパックを購入。

準備は簡単だ。苦瓜を縦に半分に切ってから種とわたを取り除き、半輪切りにする。それに塩をまぶして10分おいてから水洗い。まず、一口大に切った豆腐を焦げ目が付くまで炒め、取り出してから、一口大に切った豚肉、苦瓜の順番に炒める。豆腐を戻して、「ゴーヤーチャンプルーの素」をかけて、絡めながら炒める。最後に溶き卵を流し込んで少し炒める。これでできあがり。おいしそうな匂いがする。

すでに、発芽玄米のご飯を炊いてある。電気釜は持っていないが、「炊きたて一膳」に半合ほど入れて水を加え、1~2時間浸してから、電子レンジの解凍設定で15分料理し、さらに数十分蒸らしておく。

今夜はまだ仕事をしなくてはならないものの、せっかくの肉料理だ、久しぶりに赤ワインまで抜いた。赤ワインはいつも4~5本買い置いてある。高い物は買わない。高ければおいしいのは当然だが、1,000円~2,000円前後でおいしいのを探すのが楽しい。それより安いと良質の物を探すのが難しい。最近は、ヨーロッパのワインコンテストで金メダルを受賞した物を選んで買う。今日開けた "Buzet Rouge Roches d'Hillac" も、まろやかでコクがあり、いくらでも飲めそうだ。

さて、初めて作ったゴーヤーチャンプルー。苦いのかと思っていたら、なんと、とても美味!「ゴーヤーチャンプルーの素」を使ってよかった。この100円は価値ある投資だった。ワインは、いつものようにボトル3分1くらい空け、ゴーヤーチャンプルーは全部平らげた。

今日は、溜まった新聞の束など部屋の片づけをしていたので、クーラーはつけず、窓を開け放して扇風機で換気していた。食事中も汗がダラダラ流れる。しかし、栄養価の高いゴーヤーチャンプルーと金賞赤ワイン、発芽玄米のおかげか、体の奥から力が湧いてきて、暑さも気にならない。もしかしたら、ただ酔っぱらっていただけかも知れないが。

こんなに苦瓜がおいしいのなら、毎年計画しながらも忙しくて実現できなかった「緑のカーテン」として、来年の夏こそ、マンションの三方を取り囲むベランダを、すべて苦瓜の鉢植えで埋め尽くそうか。毎日食べても食べきれないほど苦瓜が採れそうだが…

スポンサーサイト



ページトップ↑

22:00:00   食べ物  | コメント(3)  | トラックバック(0)

 ←いちめんの雪 Far-out→ 

コメント

ゴーヤーチャンプルーの素

夏はなるべく火のそばに立ちたくないのでどうしても野菜不足になりがちですが。風太郎さんはすばらしいですね。

ゴーヤーチャンプルーの素なんてあるの初めて知りました。一体何が入っているのですか?
(その前はトムヤムクンの素があるのを知って驚いたんですけど)
私はゴーヤーチャンプルーにはかつお節を入れます。味付けは塩としょうゆだけですが、かつおと豚の旨みで、シンプルですがこれだけで?と思うほど、とてもおいしいだしが出ます。
v-16

Natsuro  [URL] #-  | 2007年08月18日 00:07:35  [修正]

ゴーヤ

ゴーヤ、ぜひ植えて下さいね!うちは毎日一本ずつできるくらいになっています
チャンプルーにするときは、必ず鰹節を使います。さらに栄養価アップしますから!
豆腐を炒める時に一緒に鰹節を入れて炒めます。豆腐はあらかじめレンジでチンしておくと、水分が抜けてよいですよ
素は使わずに、ゴーヤの塩をそのままにしておいて、しょうゆで味付けします
とってもシンプルな味がして気に入っています
試してみてくださいね

ぴろぴろ  [URL] #XbnZBJT2  | 2007年08月18日 19:32:21  [修正]

アドバイス感謝です

Natsuroさん、ぴろぴろさん、

ゴーヤ料理についてのアドバイスどうもありがとうございます。「ゴーヤーチャンプルーの素」も鰹ダシ味でした。これからは自分で味付けできそうですね。頑張ってまた苦瓜食べます。

Taro Who?  [URL] #DFBJiU5Y  | 2007年08月19日 01:08:02  [修正]


管理者しか読めないようにします    

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL
http://tarowho.blog95.fc2.com/tb.php/120-bc399108

プロフィール

Taro Who?/フウタロウ

管理人 : Taro Who?/フウタロウ
理系研究者からビジネス現場の通訳・翻訳・マーケティングサポートを経て、現在はもっぱら大学・大学院で理系英語・翻訳・プレゼン・ライティング等を教える。また、理系英語教育プログラム、脳科学的アプローチに基づく英語学習、通訳訓練法、通訳・翻訳理論を研究する。しばしば仕事はそっちのけで、旺盛な好奇心のおもむくまま、あらゆるジャンルに首をつっこみ雑文を書く。砂漠とロッキー山脈が大好きだが、最近はとんとご無沙汰。もっぱら仙人生活を送っている。でも、パーティーとおしゃべりは嫌いじゃない。日本生まれ、日本在住。20代から15年間アメリカで過ごす。

リンク

記事一覧へ

ジャンル




全記事表示
管理者ページ

現在の閲覧者数

累積アクセス数

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる